クレジットカード現金化をした場合、返済方法や利息はどうなるの?


クレジットカード現金化を利用すると、返済方法はどうなるのでしょうか?利息はどれくらいになるのでしょうか?

この記事ではクレジットカード現金化を行った場合の返済方法や利息についてご紹介いたします。

クレジットカード現金化をしたら返済方法はどうなる?

現金化 返済方法
クレジットカード現金化は、借金とは違います。カードで購入したものを業者に買い取ってもらうのが「現金化」でありますから、つまり返済先は各カード会社になるのであり、返済方法は自分で決めることが可能です。

たとえばカードで買い物をするときに、一括、分割、リボ払いなどと、自分で返済方法を指定できますよね。

それと同じで、クレジットカード現金化を行う場合でも、あくまで履歴上はカードで買い物をしたというだけのことですので、返済方法は自分で決めることができるのです。

ちなみに、少しずつ返済していきたいという場合には、リボ払いがおすすめです。

リボ払いというのは、使った金額に対し、毎月「最低これだけは払ってくださいね」というラインが定められていて、その額を毎月支払っていればOKという、わりと最近一般的になった返済方法です。

たとえば10万円までのカード使用は毎月5000円返してください、と決められていたら、あなたはそのカードを5万円使おうが、10万円使おうが、毎月5000円返済すればいいわけですね。

10万円を超えると、たとえば毎月1万円というふうに、最低返済額がアップするのですが、あなたが105000円使って、翌月に1万円を返済し、カード使用額が95000円になったら、またひと月5000円の支払いでよくなります。

収入の少ない人でも無理なく返済していけるのがリボ払いです。

クレジットカード現金化をした場合の利息はどれくらい?

現金化 利息
クレジットカード現金化をした場合の利息は、その各カード会社の取り決めるところに拠ります。

カード会社によってもしかしたら違いがあるのかもわかりませんが、私の知っているカードは大体年利18%です。ですから、途中の返済のことを考えないのなら、10万円が1年後には118000円になっている計算ですね。

月々の利息負担は、今の例でいくと大体1500円くらいです。そんなに高いものではないですよね。しかし注意しなければならないのは、先ほど紹介したリボ払いを選択する場合です。

前項で例に挙げたカードでリボ払いを選択し、10万円のショッピング(現金化)を行ったとしましょう。すると毎月の返済額は5000円ですが、これは利息込みの返済額であることを忘れてはなりません。

つまり5000円のうち1500円は「利息の返済」であり、元金はたった3500円しか返せていないのです。これは何を意味するかというと、元金が減らない=返済期間が長くなる=結果的に利息負担が大きくなるということなんですね。

毎月最低額を返済するだけでは、元金は減らず、分割払いや一括払いの何倍もの利息を支払うことになるのです。

ですから、リボ払いを選択した場合でも、ATMなどから積極的に追加の返済をすることが大切です。

利息負担をなるべく減らせるように、余裕のあるときには多めに返済するようにしてくださいね。

クレジットカード現金化は安全なの?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ