クレジットカードの現金化の違法性について考察する



クレジットカードの機能としてショッピング枠とキャッシング枠があります。キャッシング枠を利用したキャッシングはクレジットカードの本来の機能であるので限度額までのキャッシング枠の利用はまったく問題はありませんが、本来はモノやサービスの購入の支払いに利用するクレジットカードのショッピング枠を利用した現金化の行為については違法性が問題視されています。

現金化する事は社会的にどういった印象なのか?

消費者団体や弁護士会などはクレジットカードの現金化は違法と言う見解ですが、実際にクレジットカードの現金化の業者が摘発されたということをクレジットカードの現金化が違法であることの根拠に挙げています。しかし、クレジットカードの現金化の業者の摘発はクレジットカードの現金化を利用した人が違法として摘発されたわけではありませんし、クレジットカードの現金化の業者の摘発もクレジットカードの現金化の行為が違法となったわけではなく、クレジットカードの現金化の行為が貸金業法と出資法に違反するとして貸金業法と出資法を援用して摘発を受けたものです。もちろん、クレジットカードの現金化が明確に違法と言うことで法制化されれば、即時に違法となるのですが、現時点ではクレジットカードの現金化を利用した人は違法とは言えないということになるでしょう(参照記事→スマイルギフト 口コミ)。

しかし、クレジットカードの現金化を利用する人が違法ではないとしても、クレジットカード会社と締結している規約には間違いなく違反してしまいます。その為にクレジットカード会社からのペナルティを受ける可能性は十分に考えられます。クレジットカード会社から受けるペナルティとしては発覚した時点でクレジットカードの利用はもちろん停止されることになりますし、それまでクレジットカカードの利用金額のすべてを一括請求され一括で返済することを求められます。

信用情報にも傷が付くことになり、発覚以降はクレジットカードを新規に作ることはできなくなってしまうでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ